クリエイターズ・ファクトリー ワークショップ

クリエイターズ・ファクトリー ワークショップ

島ぜんぶでおーきな祭 -沖縄国際映画祭-クリエイターズ・ファクトリーの本年受賞者および、2015年以降の歴代受賞者を対象に映画制作のワークショップを開催。最も優れたクリエイターには、商業映画の監督デビューを全面的にバックアップします。

クリエイターズ・ファクトリー ワークショップ

日程: 5月27日(日)より毎月開催

参加クリエイター

  • 佐久間啓輔 - 2016年グランプリ

    1995年愛知県に生まれ15歳で渡米し高校時代をアメリカで過ごす。
    卒業後は早稲田大学に進学し映像制作サークルシネマプロダクションで映画制作を行う。
  • 小川泰寛 - 2017年グランプリ

    1992年愛知県生まれ。京都造形芸術大学映画学科卒業。
    大阪芸術大学大学院在学中。
    監督作「向こう側」が第9回沖縄国際映画祭の「クリエイターズ・ファクトリー2017 U-25映像コンペティション」で沖縄から世界へ賞(グランプリ)。
  • 青木伸和 - 2017年審査員特別賞

    1992年愛知県春日井市生まれ。大阪芸術大学映像学科卒。
    在学中より映画を製作する。卒業製作にて『お歳暮のハムのひも』製作、同校の学長賞受賞。
    他、福岡インディペンデント映画祭 コメディ賞受賞。
    TAMA NEW WAVE コンペティション入選。アジア国際青少年映画祭 観客賞。知多半島映画祭 入選。
  • 石川陸 - 2017年審査員特別賞

    1996年東京都生まれ。東京工芸大学芸術学部映像学科在籍。
    1年生の頃から映像を学び、自主制作に取り組む。
    2年生の時に監督した「相も変わらず、愛は分からず。」が第9回沖縄国際映画祭クリエイターズ・ファクトリーU-25映像コンペティションにて審査員特別賞受賞。
  • 宮嶋風花 - 2018年グランプリ

    1996年北海道札幌市生まれ。札幌大谷大学芸術学部美術学科メディアアートコース卒業。
    美術の表現としての映像作品を作っており、MV、実験アニメ、モーショングラフィックス、実写映画など多ジャンルを扱う。
    2017年度はクマ財団第1期クリエイター奨学生として活動を行なっていた。
    また、卒業制作「親知らず」では初の映画監督をつとめ、2018年の沖縄国際映画祭 クリエイターズ・ファクトリー2018 U-25映像コンペティションにてグランプリを受賞した。
  • 西口洸 - 2018年審査員特別賞

    1995年大阪生まれ。大阪芸術大学にて映画制作を学ぶ。
    現在は大阪芸術大学で機材係として働きながら映画制作を行なっている。
    監督作「ED あるいは(君がもたらす予期せぬ勃起)」が沖縄国際映画祭 クリエイターズ・ファクトリー2018 U-25映像コンペティションにて審査員特別賞受賞。
  • 貴田明日香 - 2018年審査員特別賞

    1994年兵庫県生まれ。
    立教大学映像身体学科卒。在学中に篠崎誠監督に師事し、シナリオを中心に学ぶ。
    卒業制作では初の長編作品「憧れ」を制作。
    「沖縄国際映画祭 クリエイターズ・ファクトリー2018 U-25映像コンペティション」で審査員特別賞受賞。

講師

中江裕司
(沖縄在住の映画監督)
古賀俊輔
(映像プロデューサー・株式会社ザフール代表取締役)
ほか