特別招待

エリカ38

©吉本興業

ストーリー

渡部聡子・自称エリカ(浅田美代子)は、愛人・平澤育男(平岳大)の指示のもと、支援事業説明会という名目で人を集め、架空の投資話で大金を集めていた。だが実は、平澤が複数の女と付合い、自分を裏切っている事を知る。
彼女は平澤との連絡を絶つと、金持ちの老人をたらし込み、豪邸を手に入れた。老人ホームに入っていた母(樹木希林)も呼び寄せ、今度は自ら架空の支援事業の説明会をおこない金を詐取していく。
旅先のタイで、若者ポルシェと出会う。恋に落ちるエリカ。
蜜月の時。だがもう警察の手はすぐそこまで伸びていた。

作品解説

「本性ってなんですか・・・・。」60歳を過ぎてなお、色香で男たちを惑わし、話術で女たちをたぶらかして、金を巻き上げた女がいた。巻き上げた金の総額は、7億とも8億とも言われている。
詐取した金で、女は豪遊し、贅沢な生活を送り、そして、タイに男を囲った。農村に住む、20代の男だった。女は自らを「38歳」と偽った。ミニスカートから細い足を出した「38歳」の女は、異国の町で逮捕された。
殺到するマスコミに、女は、「私も被害者なんです、何かの間違いです」と微笑んだ。樹木希林がこの作品で表現したかったことは何なのか、、必死に生きる女の「滑稽さ」や「哀しみ」。人間の奥深くにある“本性”とは何なのか、、

キャスト

浅田美代子
平岳 大
窪塚俊介
山崎 一
山崎静代(南海キャンディーズ)
小籔千豊
古谷一行(特別出演)
木内みどり
樹木希林

監督・作品データ

監督 日比遊一
監督プロフィール

1987年に俳優を志し渡米。1992年からは写真家としても活動する。2014 年 米国にて初の長編映画 『ブルー・バタフライ』 を完成。2016 年 高倉健のドキュメンタリー映画『健さん』を監督し、第 40 回モントリオール世界映画祭 ワールド・ド キュメンタリー部門 「最優秀作品賞」を受賞、2017 年 同作品で日本映画批評家大賞ドキュメンタリー賞を受賞した。

脚本 日比遊一
企画 樹木希林
撮影 高岡ヒロオ
音楽 渡邊琢磨
プロデューサー 中村直史、升本由喜子、木谷真規
制作プロダクション 株式会社エクセリング
日本/タイ
公開年 2018
制作年 2019
コピーライト ©吉本興業
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
ページトップへ戻る