地域発信型映画

神奈川県綾瀬市「ルーツ」

©2019年地域発信型映画「ルーツ」製作実行委員会

ストーリー

「今年のスピーチのテーマはルーツです」
あやせ国際フェスティバルでのスピーチ発表に向けて、賑わいを見せる日本語教室。比留川望はそこで外国人に日本語を教えていた。比留川には一つ、気になることがあった。恋人のまりえが
プロポーズを受け入れてくれたにも関わらず、母親に会わせることを頑なに拒むのだ。まりえの家は母子家庭であり、比留川としてはきちんと挨拶をしたい。そんな中、日本語教室の生徒である
ベトナム人のグエンから「助けて欲しい」という電話がかかってくる。祖父が愛した女性に遺品を届ける為、遥々日本へやって来たアメリカ人トミーの人探しを手伝って欲しいというのだ。言葉が
ちょっとしか通じない三人が、珍道中の果てに辿り着いたのは、思いもよらない結末だった。

キャスト

堤下 敦(インパルス)
川村ゆきえ
チャド・マレーン
和田昭也(ぱろぱろ)

監督・作品データ

監督 渋谷 悠
監督プロフィール

1979年、東京都八丈島生まれ。脚本家、映画監督、舞台演出家、俳優。

アメリカ・インディアナ州パーデュー大学院にて創作文学の修士号を取得。日米共同制作の短編映画『自転車』が第66回ベネチア国際映画祭を含む世界23の映画祭で入選・受賞を果たす。2014年に旗揚げした演劇プロデュースユニット牧羊犬は、緻密な人間ドラマと大胆な構成力、そして映像的な演出が話題を呼び、着実に公演を重ねている。

2018年に劇場公開された脚本・プロデュース長編『千里眼(CICADA)』がロサンゼルスアジア太平洋映画祭とグアム国際映画祭でグランプリを受賞し、世界中の映画祭で高い評価を得る。構成を担当した『パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM シーズン2(ベアトリーチェ・ヴィオ)』が第46回国際エミー賞にノミネート。

脚本 渋谷 悠、スタジオ・トポス
撮影 中島 悠
コピーライト ©2019年地域発信型映画「ルーツ」製作実行委員会
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
ページトップへ戻る