地域発信型映画

長野県千曲市「透子のセカイ」

©2019地域発信型映画「透子のセカイ」制作委員会

ストーリー

神社で巫女として働く透子は、村人たちから呼び出されては一緒に遊んだり、くだらないことをしたりと、いつも笑いの絶えない日々を過ごしていた。
そんなある日、透子は楽しみにしていた村の祭りが古い言い伝えのせいで中止になることを知る。
どうしても祭りをやりたい透子は、みんなの反対を押し切って一人で準備を進めるが、湖で不思議な少女と出会ったことで、事態は思わぬ方向へと転がっていく・・・。

作品解説

千曲市は山に囲まれた自然豊かなまち。古くから善光寺参りの精進落としの湯として栄え、開湯120年を超える戸倉上山田温泉、日本の棚田100選にも選ばれた美しい姨捨の棚田、千曲川の豊かな水によって育まれた日本一のあんずの里。「更級日記」や、松尾芭蕉に詠まれた「更級の里」はまさに千曲市のことであり、その古い歴史や雄大な自然の魅力は尽きません。
この素晴らしい魅力をもっと世界に広めたいと、千曲市ではメディアを活用したシティプロモーションも積極的に推進していることから、今回同市全面協力のもと作品の制作が決定。
「透子のセカイ」には、愛すべき千曲市そして長野県の魅力と、地元の皆様の温かさが詰まっています。

キャスト

吉本実憂
白石優愛
原西孝幸(FUJIWARA)
勇翔(BOYS AND MEN)
濱津隆之
西沢仁太
須藤温子
大沢真一郎
河合武俊(こてつ)
北村智(こてつ)

監督・作品データ

監督 曽根 剛
監督プロフィール

大ヒット映画『カメラを止めるな!』の撮影監督を務め、第42回日本アカデミー賞にて撮影賞受賞。海外制作作品も多く手掛け、『ゴーストマスク~傷』(2018年)は、アメリカの批評サイト「Hollywood Investigator」が主催するホラー映画賞「Tabloid Witch Awards(タブロイド・ウィッチ・アワード)」で最優秀作品賞を受賞するなど、世界をフィールドに作品をつくり続けている。

脚本 中村元樹
撮影 曽根 剛
音楽 辻 伶
プロデューサー 源田泰章
日本
公開年 2018
コピーライト ©2019地域発信型映画「透子のセカイ」制作委員会
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
ページトップへ戻る