地域発信型映画

島根県松江市「いざなぎ暮れた。」

©よしもとクリエイティブ・エージェンシー

ストーリー

松江市美保関町を中心にに観光協会美保関支部、松江市、松江観光協会、松江フィルムコミッションと全面連携して制作。

地元にあるえびす様の総本宮とそこにまつわる逸話、信仰とお祭りを実際に画面に取り入れ撮影。
主役にはNHK連ドラ「まんぷく」に出演した毎熊克哉とTX「ワカコ酒」で主演の武田梨奈。
主人公が借金の取り立てから逃れ、お金を工面すべく地元へ彼女を連れてやってきたが・・・・。

作品解説

神様と近い港町。 島根半島の東端、三方を海に囲まれた美保関町は、聖なる岬と呼ばれてきました。
国譲りの舞台となった神話の時代から、北前船で栄えた江戸時代、そして今日まで。 神と共に暮らし、海に生かされてきた。 海からのぼる朝日に照らされ、新しい一日が始まる場所。「古事記」や「日本書記」に記された出雲の「国譲り神話」。その立役者コトシロヌシノカミ。美保関では今も、国譲り神話を再現した平安と再生の神事が受け継がれ、コトシロヌシノカミは海を守り繁栄をもたらす「えびす様」として親しまれています。

キャスト

毎熊克哉
武田梨奈
青山フォール勝ち
潮 圭太
岸 建之介
奥村準也
山口提樹
小池澄子

監督・作品データ

監督 笠木 望
脚本 笠木 望
撮影 原 俊介
コピーライト ©よしもとクリエイティブ・エージェンシー
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
ページトップへ戻る