ニュース

お知らせ2022.04.06特別上映作品のご案内 ~「島ぜんぶでおーきな祭」らしいラフ&ピースな作品をたくさん揃えました!~

「特別上映作品」部門では、今年も「島ぜんぶでおーきな祭」らしいラフ&ピースな作品の上映を予定しています。
世界に名だたるパーティアイランド、イビサ島を舞台におじさんDJのチャーミングな生きざまを、息をのむような映像と身も心も委ねてしまいたくなるリズムで描き出す『太陽と踊らせて』、一発の原子爆弾によって壊滅的な状況となった広島で奇跡的に焼け残ったピアノとそのピアノで全国を回りながら平和コンサートをする調律師・矢川光則氏をモデルに平和への想いを静かに描いた『おかあさんの被爆ピアノ』、1970年と現代が沖縄市コザで交差するタイムスリップロックンロールエンターテインメント『ミラクルシティコザ』や、シアター・ドーナツ連携企画など多彩な作品をご用意しております。


夫とちょっと離れて島暮らし

出演
ちゃず、マム、ヘイ兄、けんちゃん、加計呂麻島 西阿室集落のみなさん
監督
國武綾
上映
4月16日(土)15:50〜 桜坂劇場ホールB

幼い頃から東京暮らしのイラストレーター・ちゃず。
結婚4年目の時、仕事に追われる東京での毎日に息苦しさを感じていたちゃずは、都会に住みたい夫を東京に残し、単身で奄美群島・加計呂麻島に期間限定で移住することにした。夫婦円満での別居生活。 しかし、期間を延長してまで続いた移住生活も、残りわずか。 何度か訪れた奄美にすっかり魅了されていたのは、俳優の國武綾。 ちゃずがもうすぐ島を去ってしまうことを知り、ドキュメンタリー映画を制作することを決意。 集落の人びととの交流や美しい自然との繋がりが、ちゃずにもたらしてくれたものとは? 夫とちょっと離れて生まれた、島暮らしドキュメンタリー映画。

→ 映画詳細はこちら


WORLD SURF JOURNEY〜Shimanto,Japan〜

出演
駿河太郎、横山浩太、濱口健作
監督
清野正孝
上映
4月16日(土)18:00〜 桜坂劇場ホールC

世界各地に根付くサーフカルチャーを紐解くサーフドキュメンタリー作品。
第1弾ハワイ篇に続く本作品の舞台は島国・日本。 駿河太郎が巡る四国・四万十への旅。

→ 映画詳細はこちら


一生売れない心の準備はできてるか

出演
奈須重樹、育、ヤギフミトモ、長谷川淑生、さとうこうすけ、比嘉正一郎、他
監督
當間早志
上映
4月17日(日)15:00〜 よしもと沖縄花月

沖縄発のバンド「やちむん刺激茄子」のリーダー奈須重樹(宮崎県出身)の味わい深い音楽人生を、ライブやインタビューで綴る音楽映画。
玄人筋には評判が良い作詞作曲能力だが、これといったヒット曲がないまま30年…それでもめげずに活動を続ける彼の飄々とした生き様は、見る者に勇気と笑顔を与えてくれる。
監督の當間早志(5月にリバイバル公開予定の『パイナップル・ツアーズ』第3話監督)は、奈須の長年の盟友。18人編成のビッグ・バンドで臨んだ満員大盛況の首里劇場ライブを迫力たっぷりに活写しつつ、奈須が紡ぎ出す楽曲の唯一無二な魅力に迫っていく。また会場となった沖縄現役最古の映画館「首里劇場」の強烈な佇まいにも注目である。

→ 映画詳細はこちら


太陽と踊らせて

出演
ジョン・サ・トリンサ、ケニス・バーガー、クリス・ココ、アンディ・ウィルソン、べランジ、ヒデオ・ブラックムーン
監督
リリー・リナエ
上映
4月16日(土)17:50〜 桜坂劇場 ホールA

地中海に浮かぶ世界遺産イビサ島は、世界に名だたるパーティアイランド。夏場はヨーロッパの有名ナイトクラブが店を開けスターDJが集まる。しかし、英国から移住したDJジョン・サ・トリンサは、島の最南端サリナスビーチで25年間、パーティサウンドとは異なる音楽を紡いでいる。それが、ジャンルにこだわらず物語にあふれたバレアリック・ミュージック。それは自由で垣根のない生き方をする彼の精神そのもの。映画は、おじさんDJのチャーミングな生きざまを、島に息づく多彩な、しかし時代の波の中で変容もする文化とともに、息をのむような映像と身も心も委ねてしまいたくなるリズムで描き出す。

→ 映画詳細はこちら


元気いっぱい子供向けアニメプログラム「DINO!」「キャプテン・バル」「スプリンパン まえへすすもう!」+おまけ

出演
田村睦心、中尾隆聖、早見沙織、のだこころ、谷内愛、吉田純也、久野遥子、中内友紀恵
監督
井上ジェット、沼口雅徳、細川晋
上映
4月17日(日) 10:50〜 桜坂劇場 ホールC

子供とファミリーで楽しめる3つ+おまけのアニメプログラム。「DINO!」は宝を探す少年とワニのDINOの冒険活劇。ストップモーションアニメーションという技法で作られたアニメ。すばらしい音楽も楽しんで。「キャプテン・バル」は少年海賊団のドタバタコメディー。船で出発!とおもったら船底に穴が!?いたずらがいつの間にか人助けに!?
「スプリンパン まえへすすもう!」は沖縄の会社で作られた、元気いっぱいの女の子・スプリンパンが不思議な国でおかしなキャラと出会う、前向きで元気いっぱいのミュージカルアニメ。さらにおまけアニメはネコのサラリーマンギャグアニメ「ネコリーマン」。

→ 映画詳細はこちら


おかあさんの被爆ピアノ

出演
佐野史郎、武藤十夢、森口瑤子、宮川一朗太、南壽あさ子、城之内正明、飯島晶子、谷川賢作
監督
五藤利弘
上映
4月17日(日) 11:20〜 桜坂劇場 ホールB

被爆してもピアノの音色は変わらなかったのです…。 蘇った音色が私たちに語りはじめる。 昭和20年8月6日8時15分…広島に投下された一発の原子爆弾。壊滅的な状況の中で奇跡的に焼け残ったピアノ。被爆したピアノを修理し自らトラックを運転して全国をまわりながら平和コンサートを続ける調律師・矢川光則氏をモデルに、矢川氏がもしこんな人と出会ったら、こんな場所を訪れたら、と想像させるその先のストーリーを横軸にドラマを展開させ、平和への想いを静かに、かつ心に滲みあがらせます。

→ 映画詳細はこちら


ミラクルシティコザ

出演
桐谷健太、大城優紀、津波⻯⽃、⼩池美津弘、津波信一、神崎英敏、アカバナー青年会、渡久地 雅人
監督
平一紘
上映
4月17日(日) 16:00〜 シネマパレット

沖縄市コザで暮らす翔太の前に、交通事故で亡くなったはずの祖父ハルが現れる。祖父はかつて、ベトナム戦争に向かう米兵たちを熱狂させた伝説のロックスターだった。ハルが「やり残したことがある」と翔太の体をのっとると、翔太の魂は、タイムスリップして1970年のハルの体へ入ってしまう。ベトナム戦争特需に沸く沖縄で、“ロックンローラーのハル”として過ごすことになる翔太。彼はそこで驚きの真実を知り、未来へのサプライズを仕掛ける―。
制作にあたり伝説のハードロックバンド“紫”が全面協力、また当時の紫のライバルバンド、コンディション・グリーンの楽曲も劇中で使用されている。

→ 映画詳細はこちら


「シアタードーナツ・オキナワ」×島ぜんぶでおーきな祭がコラボ!!
上映後にはシアタードーナツ・オキナワ代表の宮島真一さんによるスペシャルトークも開催!!

鯉のはなシアター

出演
矢作穂香、徳井義実、小越勇輝、高尾六平、八嶋智人、小沢一敬、緒方かな子、東ちづる
監督
時川英之
上映
4月16日(土) 18:30〜 シアタードーナツ・オキナワ

東京での暮らしに疲れた奥崎愛実(あいみ)は6年ぶりに故郷・広島へと戻って来た。
祖父の経営する映画館は経営難でもうすぐ閉館するという。「万策尽きた」と諦めている人々の前に、東京から徳澤という不思議な男が現れる。「昔のカープはお金がなくても知恵を絞って生き残ってきた」と、広島カープの昔話をする徳澤の無茶な提案に振り回されながらも商店街の人々は何かが変わっていく。映画館に少し活気が戻ってきたかのように思えた頃、突然、徳澤が姿をくらませる。あきれかえる愛実たちだが、次第に彼が来た本当の理由を知り始める。

→ 映画詳細はこちら


ページトップへ戻る
FANY ID ログイン