ニュース

レポート2022.04.17石川県津幡町の自然や人の魅力がたくさんつまった地域発信映画『遠くを見てみた』舞台挨拶

4月17日(日)、那覇市の桜坂劇場ホールBで地域発信型映画『遠くを見てみた』の上映と舞台挨拶が行われました。地域発信型映画は「自分たちが住む街の魅力を全国に発信し、地域を活性化させたい」という地元への思いを、映画を通じて実現するプロジェクトです。

この作品は、新人編集者の葵が、兄の葬式に出掛けたまま音信不通になった小説家の岡田から原稿を取り立てるため石川県津幡町を訪れたことから始まるジャパニーズカントリームービー。原稿ができるまで岡田家に居候することになった葵が、そこで出会う人々との交流を通して自身の人生を見つめ直していく姿を描きます。

上映終了後の舞台挨拶には主演の秋月三佳さんをはじめ、長内映里香さん、本庄司さん、嬉野智裕監督が登壇しました。

舞台挨拶前に行われていたレッドカーペットに参加されていた皆さんは「沖縄でレッドカーペットを歩けて幸せでした」「来ていただいた沖縄の方々があたたかい拍手と手を振っていただいてすごい嬉しかったです」などと興奮冷めやらぬ様子。また、沖縄を訪れたのは初めてだという嬉野監督は、「最高ですよ、映画(の宣伝、舞台挨拶)で来られるということが本当に(最高)」と述べていました。

また、先日映画の舞台である津幡町で行われた完成披露試写会について嬉野監督は「(来ていたお客さんは)7割くらいが高齢者の方で、反応が心配だったんですけど、皆さん自分たちの住んでいる町が映画になっているというのが嬉しかったのかもしれない、思っていたより温かく受け入れられました」と当時の様子を振り返りました。さらに嬉野監督と本庄は石川県の出身ということや、撮影スタッフが石川県在住の方ばかりということにも触れられました。地元を映画にするという事に対して「地方で映画を作るときに、スタッフの人たちは東京から来ることが多いと思うんですけど、なるべく地元でやれるようにと考えていました」と語られました。本庄さんは「監督とは僕が高校生くらいの頃から16年くらいの付き合いで、そこから今回声をかけていただいて、最終的にここまでこれたっていうのは、なんかすごい...きますね」と言葉を詰まらせ、感慨深げな様子でした。

津幡町について問われた秋月さんは「普段あれだけの自然に囲まれることはないので、撮影しながらも自然の中で自分と向き合う感じになっていた」と、主人公の葵に重なるかのような心情を打ち明けつつ「素晴らしい時間を過ごせました」と語り、長内さんは「例えば、葵と2人で歌を歌うシーンの小道など、ずっと見ていられるぐらい原風景がパーって広がっていて。それが残っていることも素晴らしいです」と自然あふれる町の魅力を語っていただきました。

さらに長内さんは「私が(撮影で)運転させていただいたアメ車に、おじいちゃんが興味津々な様子で近づいてきて『おれ、古い車好きなんだよねー』と話しかけてくださって。撮影でお邪魔させてもらっているという気持ちだったんですけど、そんなに興味持っていただいて嬉しい気持ちになりました」と町の人々との交流を嬉しそうに語っていました。

また、嬉野監督からは「80分くらいの作品なんですが、通常だと一日の撮影で10分ほどの尺が撮れたらいいんですけど、この映画は6日間のロケで撮り終えることができた。結構不可能を可能にしたような作品になりました。天候に恵まれたりなどもあったんですが、町の方々のバックアップがすごく手厚くて、そのおかげで円滑にストレスなく撮影に臨めました。皆で町に映画を通して楽しむってことをやってくれたのかなって。本当にありがたい」と、感謝の気持ちを述べていました。

撮影時の思い出を問われ、先ほど撮影でアメ車を運転していたと話していましたが、実は免許を持っていないという秋月さんから「エンジンをふかすシーンで、加減が分からずに思いっきりアクセルを踏んじゃって...それで、ボンネットから火柱が…」と衝撃の告白。嬉野監督らも「一瞬、すべてが終わったかと思ったんですが、実はマッスルカーという車でエンジンルームから火を出しながら走るような車だったらしい」と当時の心境を語ります。すると、当事者の秋月さんは「車の持ち主の方からは上手いよって褒められました」とおどけていました。

最後の挨拶で嬉野監督は「沖縄国際映画祭はすごくいい映画祭だなと思った。津幡町が舞台の映画ってこの地域映画という取り組みがなければ絶対に作られていないと思うので、すごく意味のある取り組みだなと感じます。知らない町のこういう映画を見られることが来年、再来年と続いていったらいいなと思います」と締めくくり、温かい拍手が鳴り響く中、舞台挨拶は幕を閉じました。

ページトップへ戻る
FANY ID ログイン