ニュース

レポート2022.04.17「けっこうガチで殴らせてもらいました」福本愛菜のアクションも見どころの『ある公務員~益田岩船伝説~』舞台挨拶とインタビュー

4月17日(日)、那覇市の桜坂劇場ホールCにて地域発信型映画『ある公務員~益田岩船伝説~』の上映と舞台挨拶が行われました。地域発信型映画は「自分たちが住む街の魅力を全国に発信し、地域を活性化させたい」という地元への思いを、映画を通じて実現するプロジェクトです。

本作品は奈良県橿原村の役場で働く公務員・田所眞祐が地域の隠された秘密に迫る、こぢんまりとした宇宙サイズの物語を描くサスペンスコメディーです。

4月17日(日)、那覇市の桜坂劇場ホールCにて地域発信型映画『ある公務員~益田岩船伝説~』の上映と舞台挨拶が行われました。地域発信型映画は「自分たちが住む街の魅力を全国に発信し、地域を活性化させたい」という地元への思いを、映画を通じて実現するプロジェクトです。

本作品は奈良県橿原村の役場で働く公務員・田所眞祐が地域の隠された秘密に迫る、こぢんまりとした宇宙サイズの物語を描くサスペンスコメディーです。

上映後に行われた舞台挨拶では、副島新五監督と主演の福本愛菜が登壇しました。

最初に福本の「みなさん、映画いかがだったでしょうか?」という問いに、客席からは満場の拍手が。続けて「みなさんが笑って欲しい所を笑ってくれて、うれしかったです」と感想を述べました。
副島監督は「今回、お客さんの目に触れるのが初めてなので、授業参観に親が来てる感じで緊張しました。撮影では、あいにゃん(福本の愛称)が、その場で急にお願いしてくれた事をすぐにやってくれたので素晴らしかったです」と話すと、福本は「こんなに幅広い役をやった事がなかったので、良い経験になりました。この映画で感じた橿原市の魅力を見て頂きたいので、ぜひ橿原市に足を運んで下さい」と思いを口にしていました。

最後に副島監督の「ご覧になった方が、こういう映画があったと皆さんに言って頂けると励みになります」の言葉で舞台挨拶は締めくられました。

舞台挨拶終了後、インタビューに応じた副島監督は、今回の作品ついて「地域発信型映画という事で橿原市の観光課がロケハンから、ずっと協力してもらった」と述べ、舞台となった橿原市へ感謝の言葉を述べました。

また、本作品の見どころの一つでもあるアクションシーンについて福本は「本番直前に練習しただけで、みなさんが「ドンと来い」と言ってくれたので、けっこうガチでお腹とか殴らせてもらいました」と語ると、すかさず副島監督から「入られた方もうれしくて、『あいにゃんに、ちょっといじられちゃった』って思っているよ」と冗談交じりに語りました。

さらに副島監督は「僕もスタッフも映画専門のスタッフでは無いので、それぞれがベストを尽くして面白く楽しくやろうというのを大事にしました。あいにゃんの新境地なので、ぜひ、あいにゃんを知る人に見てもらいたい」と、作品と主演の福本をしっかりとPRし、インタビューを締めくくってくださいました。

ページトップへ戻る
FANY ID ログイン